「同じテーブルに何度も足を運ぶ」という、無駄なし